Choosing The Best Sleeping Bag For Camping
寝袋

キャンプのためのベストな寝袋を選ぶには

概要

キャンプやバックパックについてまずどんなイメージがわきますか?もちろん、しっかりしたテントと寝袋で過ごす冒険ですよね。木々の中で快適な睡眠を楽しむためにはこれらのアイテムは欠かせません。キャンプは正しい道具が揃ってこそ真に楽しめるものです。

ベストな寝袋を選ぶためには、木々に囲まれた中でどんなアウトドアをするつもりなのか決めておかなければなりません。使用する季節によっても選ぶべき寝袋も変わってくるので季節を決めるのも大切です。寝袋は様々な種類と形があります。自分のニードにあったものを選びましょう。森の中のキャンプで使うのであれば軽い寝袋だといいです。持ち運びがとても楽なので助かります。また、その寝袋の断熱がどのようになっているか知るのも寝袋を選ぶうえでとても大切です。

sleeping bag

寝袋はパックパッキングバッグと似ているか?

似ていません。寝袋のほうがより大きく、バックパッキングバッグのほうが軽くなっております。その他、バックパッキングバッグは異なる点がまだあります。軽いだけでなく小さく収納でき、より効率的と言えます。また、それぞれの暖かさにも注意しておきましょう。

寝袋の暖かさ

アメリカでは特に寝袋の標準温度というものがありません。なのでレビューが人によって異なるのです。そこでENレーティングという標準温度が作られました。ユーロレーティングは寝る人が何を着ているか、クローズドセルキャンプマットの使用がベースになっています。

sleeping bag

  •  アッパーリミット

アッパーリミットとは男性が快適に寝れる最も高い温度のことです。

  • コンフォート

これは平均的な女性が快適に寝れる最低気温のことです。

  • ローワーリミット

ローワーリミットレーティングは平均的な男性が快適に眠れる最低気温のことです。

特に、キャンプをする季節とコンディションは寝袋を選ぶうえで要となります。欲しい快適さを手にできる寝袋を選びましょう。ローワーレーティングの寝袋はかなりいいです。寒い時期でのキャプなら中程度の寒さにも耐えられる寝袋を選びましょう。3シーズンの商品は迷っている際におススメです。夏は気温が30度以上にもなるので軽くて高温にも耐えられる寝袋を購入しましょう。

気温の変化が15-30度ほどある場所ならいい寝袋が必要です。寒い場所でも熱い場所でも対応できる多目的の寝袋がいいでしょう。温度調整のための案ジップボタンがあることを確認しておきましょう。

気温が15度以下になる冬での使用には0度寝袋がいいでしょう。寒い状況でも暖かさを感じるこtができます。

寝袋の形

寝袋を選ぶとき多くのキャンパーは快適さを重視します。長方形タイプの寝袋も人気のものとなっています。人間の体が長方形なので長方形の寝袋が売れるのは当たり前です。倉庫に行って実際に見てみることでベストな寝袋をお選びいただけます。実際に寝袋の中に入ってみることで広さを確認しておきましょう。

sleeping bag

基本的な寝袋の形は以下の通りです。

マミー型

マミー型の寝袋は寒い中でも暖かく過ごすことができます。体に沿った輪郭となっており、足元はテーパードが効いています。また、レッグエリアもあります。暖かく快適なだけでなく、軽量なのでとても便利です。この素晴らしい寝袋はぴったりのサイジングで寝袋ごと寝返ることで布団の中で寝返らなくて済みます。

長方形型

長方形型の寝袋はもっとも伝統的なタイプです。とても広々としたスペースで寝返りも楽々打てることで快適な寝袋となっております。フードがなく、空気が逃げてしまうので断熱性には少々欠けます。

広々とした寝袋の中で手足を伸ばすこともでき、ジップの開け閉めも簡単です。

マミー型改

マミー型改はセミ長方形型寝袋とも呼ばれ、いろいろな形を包み込むことができます。暖かさもスペースもいいとこどりの商品となります。

2人用寝袋

2人用寝袋はカップルに最適です。二人用にデザインされており、カップルでキャンプをする際はおすすめです。長方形型でジップがついているものモあり同じモデル、ブランドの寝袋であり、カップルで一緒に寝るのにぴったりです。

子供用のものもあり、キッドサイズ寝袋と小さ目のサイズで安価なものとなっており、青年や子供用にデザインされています。

寝袋の断熱

寝袋の断熱には主に二種類ありダウン羽毛とシンセティックがあります。

sleeping bag

シンセティック

シンセティックはスタンダードなタイプの断熱です。安価で安いものでもしっかりと機能します。濡れていても断熱は機能することができ、アレルギー成分もなく、速乾するので健康にもいいです。

ダウン

ダウンは軽く、とても便利にお使いいただけます。寒く、乾いた天気のところでうまく機能します。また、防水なので湿ったところでの使用も大丈夫です。圧縮性も高く、コンパクトに持ち運べます。耐久性もいいので長くお使いになれます。

その他の寝袋の特徴?

寝袋にはその他にも特徴があります。

フード

フードがあることで暖かさが増します。ぴったりのサイジングのフードが温めてくれローワーレーティングのものでも十分暖かいです。

寝袋シェル

ナイロンやポリエステル製の繊維のシェルがついており、防水なので湿ったところでも安心です。寝袋の中はソフトで暖かい質感で、とても快適です.

ジッパー

ジッパーは換気を調整するのに役立ちます。1つ以上のジッパーがあるものだととても便利です。ジッパーをシールドすることでぴったりになってしまうのを防ぎます.

ポケット

特に私たちの時計やリップなどの商品を入れておくところがあるといいですよね。小さなポケットはこういう時にとても便利です。

sleeping bag

寝袋のアクセサリー

寝袋の3つのスマートなアクセサリーを紹介します

寝袋ライナー

寝袋ライナーは寝袋をきれいにするのにぴったりのアイテムです。結果、より良い暖かさを楽しむことができます。

スタッフサック

寝袋をしまっている際のセーフガードとして機能します。車の中で傷つかないようにするにはこれが良いです。

収納サック

長期的な収納として機能します。寝袋をしまう場所が必要です。キャンプ後に使用して次のキャンプまで大切に保管しましょう。

 sleeping bag

まとめ

寝袋はキャンプの要ともなりうるギアです。今は多くの種類の寝袋があり、どのような気候にも対応できるようになっています。ガイドをチェックし、ベストな寝袋をお選びください!