Which is the Best Trekking Poles: Aluminum or Carbon Fiber?
ヒント

アルミとカーボンファイバーどちらがトレッキングポールに向いているか?

トレッキングポールがあると一気にトレッキングが楽になりますよね。トレッキングポールとは持ち手とストラップの付いたスティックのことです。

なぜトレッキングポールが必要か?

トレッキングポールはハイカーの中でも大変人気なアイテムとなります。

  • クライマーが前に進むのをアシストし、バランスも保つ
  • 平坦な道やのぼり道でハイカーの歩くスピードを上げる。
  • 下り坂でコントロールが効きやすくなる
  • 上半身を安定させられる
  • 長さ調整が可能
  • 最大45%カロリー消費を助ける

ハイキングギアを購入する際はベストなものをお選びください。トレッキングポールの多くはアルミ製かカーボンファイバー製です。

アルミ製

アルミのポールはその重さと丈夫さが特徴で、いいものは7075アロイなどの7シリーズでできており、丈夫さに長けています。

 

重さ:18-22オンス

いい点

  • メタル製なので丈夫
  • 熱を通しにくく極寒や酷暑でも効率的に機能する
  • 長持ちする
  • まがった後でもまっすぐに直せ、使える(ただし壊れやすくはなる。)
  • カーボンファイバー製より安い

悪い点

  • 重い
  • 鉄なので振動が伝わりやすい
  • 安いものだと極端なトレッキングの際に壊れやすい

アルミのトレッキングポールはかたい道や岩の上でご利用で強いポールをお求めの方におススメです。丈夫で安くなっております。

カーボンファイバー製

カーボンファイバー製のものは軽く、良く機能します。持ち運びが楽なトレッキングポールはカーボンファイバーかカーボンアトムでできています。


重さ:12-18オンス

良い点

  • 軽い
  • フレックスが少ないのでより良いサポートができる
  • 頑丈
  • カスタマイズがいろいろ可能
  • 振動が伝わりにくい

悪い点

  • 高い
  • アルミよりは頑丈さに欠ける
  • 軽いので長時間の利用におススメ

Trekking Poles

アルミ製とカーボン製のトレッキングポールの特徴比較

アルミ製とカーボン製の特徴の違いをまとめました:

強度

アルミのほうが強いです。特に7075アロイのものは強く、一方カーボンファイバー製のほうがもろい傾向にあります。しかし、最新の高価なカーボンファイバー製のものは丈夫なものもあります。

重さ

カーボンファイバー製は軽くアルミは金属のため重い傾向にあります。

信頼性

最新の高めのカーボンファイバー製は従来のものより信頼性が高いです。しかし。アルミの製品はすべて丈夫なので信頼性が高いです。

快適さ

カーボンのほうが軽く、快適です。

コスト

カーボンファイバー製のほうが一般的には高いです。

用途

アルミ製は以下の時に役立ちます。

  • 重たい荷物を持つとき
  • ラフな道を歩くとき
  • テントを支えるのにトレッキングポールを使う場合

 

カーボンファイバー製は以下の時に役立ちます。

  • スムースな地形を歩くとき
  • 身軽に旅行したいとき
  • バックパックにポールをしまっておきたいとき

Trekking Poles

アヤマヤ クイックロックカーボンファイバー製トレッキングポール

アヤマヤクイックロックカーボンファイバー製トレッキングポールはとても軽く、簡単にセット可能で早いペースのハイカーさんにおススメです。衝撃耐久設計により高いパフォーマンスを持ちます。アヤマヤクイックロックカーボンファイバー製トレッキングポールは簡単に使え、軽いのでとても人気です。

 

高さ:25-53インチ

重さ:7.4オンス

アクセサリー:コネクター1ペア、ラバーチップ2つ、スノウバスケット1ペア、泥バスケット1ペア、キャリーバック

特徴:

  • カーボンファイバー製のいい質でできている
  • 軽い
  • 衝撃を吸収する
  • 機能的なデザイン
  • エヴァフォームのグリップ
  • クイックロック
  • タングステンチップ

良い点:

  • 衝撃を吸収することでハイカーの手足への負担を軽減する
  • カーボンファイバー製なのでスピーディーにトレッキングができる
  • コークハンドルが手になじみ、快適にトレッキングができる
  • EVAフォームがスリーブする。リストストラップも調整可能でポールがてから離れ、落ちるのを防ぐ
  • リュックに詰めやすい
  • 長さ調整が可能で、かるいのでどの年齢層のお客さんでも利用可能
  • 丈夫なタングステンチップとアクセサリーがハイキングを楽にする

悪い点

  • アルミ製に比べて高価

Trekking Poles

アヤマヤ コンビネーションロック 7075アルミトレッキングポール

T6熱製法を使って作られスムーズな構成となっています。アヤマヤ コンビネーションロック 7075アルミトレッキングポールは壮健なつくり・質にもかかわらず丈夫で効率がいいのでハイカーにおススメです。

 

高さ:25-53インチ

重さ:9.5オンス

アクセサリ: コネクター1ペア、ラバーチップス2ペア、sunouba1ペア、泥バスケット1ペア、キャリーバック


特徴:

  • 7075アロイアルミ製
  • 丈夫で軽い
  • 掴みやすいグリッドのコークハンドル
  • EVAフォームのグリップと調整可能なリストストラップ
  • 衝撃を吸収するバネ
  • コンビネーションロック
  • タングステンチップ

良い点

  • スタイリッシュで壮観なトレッキングポール
  • アルミ7075アロイ素材で丈夫で壊れにくい
  • 備え付けの衝撃吸収スプリングがトレッキングをもっと楽に
  • 例え雨の日でのトレッキングポールがしっかりと機能
  • 低価格で長持ち
  • アヤマヤ コンビネーションロック 7075アルミトレッキングポールは比較的軽く、他のアルミ製のポールに比べ安い
  • コークハンドルによる素晴らしいグリップと調整可能なリストバンド

悪い点

  • アヤマヤ コンビネーションロック 7075アルミトレッキングポールはカーボンファイバー製のものほど軽くはない

ベストなトレッキングポールを探すために?

以下のことを考慮してお客様のベストなトレッキングポールをお求めください:

トレイルのコンディション

トレッキングをする地形を知ることはポールを選ぶうえでとても大切なことです。よく整備された道であればカーボンファイバー製のものでもいいですが、ラフな道であればアルミ製のものが良いです。

自分の身長と体重

あなたの身長と体重、トレッキングスタイルを知ることも大切です。高身長で重たい荷物を運ぶ際はアルミ製のものが良いです。低身長で身軽なクライマーにはカーボンファイバー製のものがいいでしょう。ポールに圧を掛けるようであればアルミ製のほうが良いでしょう。

手に持つか、リュックに入れるか

旅行中にはどのようにポールを運びますか?バックパックの中に入れるのであれば、軽いカーボンファイバー製のものがいいでしょう。しかし、頻繁に使うので常に手にもって置く場合はアルミ製のほうが良いかもしれません。

シェルター

トレッキングポールは一時的なシェルターやタープを作るための支えとしても使えます。このように使うのであれば丈夫であるアルミ製のトレッキングポールのほうが良いです。

予算

予算を抑えたいのであればアルミ製がおすすめですが、そんなに価格は気にならないのであれば、カーボンファイバー製のものもございます。激しいトレッキングに向かう際は安いカーボンファイバー製のものはお控えください.

ベストなトレッキングポールを選ぶにはとても多くの事柄が関わってきます。カーボンファイバー製のものは長時間でのハイキングに使うと、身軽に早く移動できます。予算が少し高くつきますが構わないのであればカーボンファイバー製のものが良いでしょう。

一方、アルミ製のものは低価格で丈夫なものとなっています。スピードや重さに特にこだわらないのであれば、アルミ製のものがベストでしょう。あなたのニーズや習慣に合わせてベストなハイキングポールをお選びください。丈夫で安いものか軽くて高パフォーマンスのものか。