Tips to Help You Find the Best Camping site
ヒント

最高なキャンプ場の探し方

輝かしい自然の中で家族や友人と過ごすキャンプはとても魅力的で、楽しいものです。

キャンプはリュックを背負ってのトレッキングを経験できるだけでなく、自然で過ごす自分のための時間を作る経験にもなります。美しい自然の下でリラックスして座ることができ、あなたの心を癒し、リフレッシュし、チャージすることができます。ただ、最高のキャンプを送るには良いキャンプ場を選ばないと嫌な思いをすることになってしまうかもしれません。この記事ではよりよいキャンプ場を選ぶコツをお教えします。良いキャンプ場の探し方にマジックなどありません。良いキャンプ場は勝手に知れ渡ってしまうものです。

camping tent

キャンプ前にしっかりと準備しましょう。

まず初めにキャンプ前に考慮すべきことを確認しましょう。

1. したいキャンプの種類を決めることから始めてみましょう。

キャンプの種類によってそれに応じた準備をしなければなりません。キャンプ初心者は家族とテントキャンプやカーキャンプ、バンでのキャンプをするかもしれません。キャンプ経験者であれば、ハイキングやカヌーキャンプをするかもしれません。テント、基本的な応急処置などのキャンプ必需品は忘れないようにしましょう。また、キャンプの種類だけでなく、キャンプをする季節も確認しましょう。夏や冬で天気のコンディションや持っていくべきものは変わってきます。キャンプのシーズンに応じて適切な道具を持っていきましょう。

2. リサーチを済ませておきましょう

行く予定のキャンプ場のリサーチを済ませておきましょう。天候やロケーション、レンジャーの場所などなどの重要な情報を手にできるかもしれません。実際に行ったこのある友達、サイト、グーグルマップ、ガイドブックなどといった情報リソースから出来るだけ多く情報を集めておきましょう。

3. 重要なキャンプギアをパッキングしましょう。

重要なキャプギアを持っておくことはとても大切です。キャンプ場を探す前にキャンプギアがしっかりとそろっていることを確認しましょう。以下ではキャンプで必ず必要なギアをいくつか一覧していきたいと思います:

  • テント
  • 寝袋
  • ヘッドランプ、替えのバッテリー
  • サバイバルギア
  • キャンプキッチン用具
  • ハイキングリュック
  • その他、あなたのニーズやキャンプの種類によって他にも持っていきましょう。

ここまで来てようやくキャンプ場を探すステップに入ることができます。

camping tent

素晴らしいキャンプ場を見つけましょう。

キャンプに必要な道具も情報もそろえた後はキャンプをするベストな場所を選ぶ番です。最高のキャンプ場を選ぶためのコツをいくつかご紹介します。

1. けもの道や動物の主な生息地から遠いところを選びましょう。

きれいな星空の下でテントを立て、楽しむためにもキャンプサイトのどこにテントを立てるか決めておきましょう。けもの道や動物の主な生息地から離れていることを確認し、安全な場所を選びましょう。キャンプ場を適切にリサーチし、しっかりと見て、害獣から離れていることを確認するのはとても大切です。また、キャンプ場で食べ物などを置きっぱなしにしていると動物が寄ってきてテントまで来てしまう恐れがあります。このような危険からは遠いところにテントを設置しましょう。万が一こういった動物に出くわした際は、適切な道具を持って対処しましょう。キャンプ場のリサーチをする際にその周りの動物にも注意しておきましょう。

2. 落石、洪水、津波、雪崩などの自然災害の恐れがないキャンプ場を選びましょう。

完璧なキャンプ場を探す前に確認すべきことは自然災害の有無です。自然の危険から遠い、もしくは安全なキャンプ場所を選ばなければいけません。天候の変化、それに伴う自然災害などを事前にしっかりと調べておきましょう。ですので、天気予報の確認は不可欠でしょう。

3. 害虫や虫が多そうな場所から遠いところを選びましょう。

上記の2つに加え、虫からの害がないことも確認しておきましょう。とはいえ、キャンプは自然の中でやるものなので完璧には避けられません。ですが、できるだけ避け、リスクを小さくすることはできます。キャンプ場をしっかり調べ、虫が多そうな土地がないことを確認しましょう。洞窟や、渓谷といった低い土地は避けたほうが良いでしょう。また、虫が多い場所でもサーマルのランタンや虫よけクリーム、蚊よけクリーム等を付けて身を守りましょう。

4. 他のキャンパーの自然を邪魔しないようにトレイルから離れたところを選びましょう。

キャンプは親しい人と特別な時間を過ごしたり、自然の中で生き延びる経験をする重要な機会です。なのであなたのプライバシーが侵されるなんてことがあってはいけません。また、他のキャンパーの自然との時間を汚してはいけません。他のキャンパーとのプライバシーをしっかりと守れるような場所を探しましょう。静かな母なる自然を最高に楽しみましょう。

5. 地面が圧縮されたキャンプ場所は避けましょう。

多くの人が過去にテントを敷いた場所は地面が圧縮されているので、万が一激しい雨が降った際に問題となります。圧縮された地面が水によって流されると最悪ですよね。

camping tent

キャンプ場の中でパーフェクトなエリアを選びましょう。

自然災害や害獣からも安全なキャンプ場を見つけたら次はテントを置く場所を決めるときです。テントを設置する場所を見つけるいくつかのチップスをご紹介します。

1. テントやキャンプを設置する際に表面をチェックしましょう。

平らで乾いた、テントを設置する最高の場所を見つけましょう。こういった場所では快適に眠ることができます。しかし、このような理想的なロケーションを見つけるのは至難の業です。もしテントの設置場所が傾斜になっている場合は寝る際に頭が上で足が下になるように設置しましょう。また、普通の地面でもこの方法を使うことで雨が降った際に水たまりを避けることができます。キャンプサイトがどこも完璧なわけではないので自分で努力して快適なスポットを探す必要があります。また、地面の小石や根っこ、乾いた木の葉や枝に注意し、寝る際に困らないよう片付けておきましょう。

2. 影を見ておきましょう

日差しが強い日には日陰になるような場所も見ておきましょう。自然の風を日陰で感じながら、輝る太陽を楽しむことができます。暑い日には丈夫な大きい気の下だと、日陰に居ながらリラックスしてキャンプを楽しむことができます。

3. ルースや枝が伸びている個所を見ておきましょう

木陰についてはもう話してきましたが、張り出している枝は危険なので注意しなければなりません。なので近くの木が丈夫で張り出して今にも落ちそうな枝等がないことをご確認ください。また、腐っていたり死んでいる木・枝の下でテントを設置をしないように気を付けましょう。風が強い時には特にこういった枝は落ちやすくなっております。また、大切なキャンプでけが人などが出ると大変です。

4. シェルターや風よけとなる位置を見つけましょう。

シェルターとなったり、強風から身を守ってくれそうな位置を探しましょう。大きな木や岩、垣根、自然のバリアとなるものを見つけておきましょう。強風からテントを守ることができるかもしれません。

5. 薪の近くでキャンプをしましょう。

キャンプファイヤはキャンプには欠かせません。寒い夜には火を囲いながら素晴らしいディナーを楽しむことができます。キャンプファイヤの近くでゲームや楽しいアクティビティをするのもいいです。薪から近い位置でテントを立てましょう。

6. キャンプ場所からの水源へのアクセスを確認しておきましょう。

ハイキングでの長い一日の後は川や湖に飛び込みたくなりますよね。水は生き物にとって必要不可欠な存在なので、キャンプ場からの水へのアクセスはとても簡単なところが多いです。ただし、水源から程よい距離の場所が良いでしょう。近すぎると害獣などのリスクが上がります。水源から近く、セーフガードから100-200ftほどの距離の場所がいいでしょう。

最後に

必需品のギアとこの記事で学んだチップスを用いて最高のキャンプを送りましょう。記事でも書いた通り、キャンプ場所を見る前にキャンプギアをしっかりとそろえることはとても大切です。完璧なキャンプサイトを探すには練習あるのみです。期待やニーズにマッチしたキャンプ場を探し続けてみましょう。“継続は力なり”です。