How to Stay Warm in A Camping Hammock?
ヒント

ハンモックで暖かく過ごすには?

ハンモックで心地よい温度で寝転がっているととても気持ちが良いですよね。温度が65-70Fになるとあまりいい気持ちはしません。このような寒い時にどのようにしてハンモックの上で暖かく過ごせばいいのでしょうか。ハンモックの下部に防寒材を足して体をカバーするものを増やすことを検討してみましょう。

ハンモックは多用途に使うことができます。寝袋と併用することも可能です。また、キャンプマットやハンモックアンダーキルト、寝袋と使うことができるという特徴も、他の道具を既にそろえているキャンパーに人気な理由の一つです。

予算によってキャンプ用品の選択も大きく違ってきますが、一番人気なのはハンモックアンダーキルト、キャンプマット、暖かい服などです。それぞれの特徴についてこの記事をよく読んで詳しく知りましょう。それぞれにはデメリットメリットがあります。末永く使うものになるのでよく特徴を考えて購入しましょう。

ハンモックアンダーキルト

多くのキャンパーはハンモックでキャンプをするのを好みます。アンダーキルトやトップキルト、寝袋やその他のギアを使ってハンモックでも暖かく過ごすことは可能です。それぞれのギアによってメリット・デメリット、また、どれくらい暖かくなるかなどが決まっているのでよく考えて購入しましょう。

ハンモックアンダーキルトは気温が45-50℉ほどの時にぴったりなギアです。寒いところでもこのアンダーキルトがあなたを温めます。アンダーキルトの中でもシンセティックとダウンの2種類のタイプがあります。

キャンプ本番前に下見をしておくとベストなアンダーキルトの種類を見つけやすいです。ダウン羽毛のアンダーキルトはシンセティックに比べ、安い代わりに荷物がかさばります。いずれの羽毛でも寒い中でしっかり温まることはできますが値段が違います。特に寒い時はフルレングスのものを購入するようにしましょう。

アンダーキルトはハンモックの端から掛けます。そしたらそれを吊るして閉じるようにします。アンダーキルトを購入する際はキャンプ地にあった温度レーティングを見ておくと良いでしょう。

ハンモックアンダーキルトは高価ですが、それだけの価値があるものです。圧縮でき、軽く、寒いところでもしっかりと機能します。ハンモックでキャンプをする際は是非購入を検討してみましょう。

hammock

キャンプマット

キャンプマットを下にひくのも暖かく過ごすためのいい方法です。キャンプマットにもいくつか種類があります。フォームキャンプマットはキャンパーの中でも一番人気です。膨らませることのできるインフレータブルキャンプマットはあまりよくないかもしれません。体重で圧縮され、暖かく保つための空気を保持しにくくなってしまいます。

キャンプマットは1層か2層ハンモックに使うことができます。二層ハンモックはキャンプマットを敷ける仕切りがあります。キャプマットを安定しておけ、寝ている間にずれることもないのでとても便利です。それに比べ1層のハンモックは安定してくれないので便利ではありません。

キャンプマットは寒い季節でもしっかりと機能し、ハンモックでも使えます。アンダーキルトに比べると荷物がかさばり、効率もよくないですが、機能します。二層ハンモックを既にお持ちなら、もっと暖かく過ごせるでしょう。二層ハンモックとフォーム型キャンプマットの二つを併用すると最高のキャンプを過ごすことができるのでおススメです。

暖かい服

寒い季節のキャンプでは着るものに注意しなければなりません。何層も着ることで体温調節ができるようになります。温度が高くなってきたらただ、一枚脱ぐだけで簡単に調節できます。

また、アンダーキルトやキャンプマットでさえ十分に温まれない時もあります。そんなときは暖かい服を着ることで体温をあげることができます。しかし、寝るときに服を何枚も着ると心地よく眠れないという人もいます。そういう人のためにはトップキルトがあります。

トップキルトがあると帽子や服、グローブなどの暖かい衣類をより着けやすくします。足が冷えないように暖かいブーツを履くのもいいですね。フリースや長い下着など、体温を高められる衣類を見ておきましょう。

暖かい服を着られるのに無理して寒さに対抗するのはお勧めできません。状況に合わせてしっかりと準備をしておきましょう。どんな状況になってもいいように、一枚余分に服を持っておきましょう。

上部の防寒

トップキルトの寒さをしのぐのに使えます。ひどい寒さにはトップキルトの使用も考えておきましょう。

トップキルトは寝袋やキャンプマットに比べ、荷物がかさばることなく、ハンモック内でも外でも身動きが簡単に取れます。トップキルトにもいくつかの温度レーティングがあるので自分のニードに合わせて購入しましょう。キルトは高く、末永く使うものなので自分のニードを定めないまま合わないキルトを購入すると大変です。

キルトで寝ると寝袋で寝るよりスペースを取らないので便利です。ハンモックも狭いスペースなのであまりスペースを取らないようなギアがあるといいでしょう。しかし、寒さには耐えなければならないのでちゃんとした道具を使う必要があります。

 他にも、寒さをしのげるギアはあります。トップキルトは高価ですが、他の安いギアでは手に入らない暖かさの質があります。

防風

ハンモックの置き場所に注意しておかないと、暖かく過ごせないかもしれません。寒い風から身を守るために、できることがいくつかあります。まず第一に、タープを地面に近づけることでウインドブレーカーとして機能するので防風になります。風を逃がすためにも繭のような形のタープがあるといいでしょう。

ハンモックを購入する際はよく自分が利用するキャンプ地に注意しておきましょう。オーバーカバーがついているハンモックもあればそうでないのもあるのでオーバーカバーがついているものを購入しておきましょう。暑いところではよくありませんが、寒いところでは抜群です。

冬用靴下も寒いキャンプ場で暖かく過ごす一つの手です。履くだけで少なくとも5℉は体温をあげることができます。もちろん、これも厚いところでは機能しませんが。

まとめ

寒いところでのキャンプでも暖かく過ごしていたいキャンパーにはアンダーキルトがおすすめです。多少値が張りますが、軽く、とても便利です。また、種類も豊富なので自分のニードと合った温度レーティングの中からお選びいただけます。

キャンプマットや寝袋、トップキルトといった他のハンモック用ギアを使うこともできます。暖かく過ごすためにも検討してみましょう。また、夜に動くことになるかもしれないので暖かい衣類はどのみち必要になります。