Camping with Dog: What should you prepare?
ヒント

愛犬と一緒にキャンピングを楽しむために準備すべきこと

子犬を置いてきぼりにしてキャンプに出ていくのはなかなか寂しいものです。愛犬とキャンプを一緒に楽しむためにはいくつか準備しておく点があります。四本足の親友と一緒にキャンプを楽しみましょう。しかし、犬種によってはハイキングが苦手な犬もいます。星空の下でテントを張るのも良いかもしれません。愛犬と安全にキャンプをするためにはいくつか考え得ておいた方がいい点があります。

以下の点に注意して愛犬とのキャンプを楽しみましょう。

Camping with Dog

なぜ犬とキャンプに行くべきなのか?

犬とキャンプに行くことであなたにとっては犬と楽しいアクティビティをすることができますし、犬にとってもハウスやペットシッターのもとで退屈しているよりあなたと遊んだほうがずっと楽しいでしょう。あなたが一番愛犬のことを理解しています、なので愛犬を置いてきぼりにした後に心配になるのはよくあることです。愛犬の喜んだり、はしゃいだりしている姿はキャンプやハイキングの楽しさを倍増させます。愛犬とキャンプで贅沢な時間を過ごされてはいかがでしょうか?

また。愛犬とキャンプに行く理由はその他にもございます:

  • 犬の存在は日々のストレスや問題から目を背けさせてくれます。
  • 幼児がいる際は犬が一緒に遊んだりとお世話をしてくれます。
  • キャンプをする場所が山奥の場合は番犬ともなり、あなたの身を守ってくれます。
  • はじめてのソロハイキングの場合は犬がいると寂しくありません。寝るときも一緒に寄り添い、起きるときもそばにいてくれます。
  • 一緒に遊んで笑い合うことができます

犬と一緒にいるときに気を付けるべきこと

犬の習慣

はじめての愛犬とのキャンプの場合は、犬の行動や性格、刺激物をよく理解しておくと役立ちます。キャンプ犬ではない犬もいるのでそういった犬の性格を変えるのは難しいです。無理に言うことを聞かせようとすると失敗してキャンプを台無しにしてしまうかもしれません。以下の例や状況を見てみましょう

また、キャンプ場には他のお客さんもいるかもしれません。そんな中で犬が吠えてしまうと困りますよね。そんなときは無理して止めようとするより、離れた場所にテントを立てましょう。

他の犬の前でもおとなしくできますか?

この問題はかなり重要です。例え、自分の犬がおとなしく、相手の犬がフレンドリーでもけんかに陥ってしまうことがあります。このような事態を避けるためにも他の犬から離れた場所を選びましょう。

Camping with Dog

あなたの犬はいうことを聞かなくなる時はありますか?

家の庭で犬が言うことを聞かなくなるのであればまだましですが、それが寒い、山奥のキャンプ場でとなると話は違います。どんなに愛情をこめて呼んでも、返事をしてくれません。そんなときのためにもリードを付けておくといいでしょう。

あなたの犬は人間の食べ物をすぐ欲しがりますか?

あなたが食事をしているときに犬が横で尻尾を振ってほしがるのはかわいらしい姿ではありますが、キャンプに来ている他の人はそれを良く思わないかもしれません。どうしても食事しているときに犬も参加させたい場合はリードを付けておきましょう。

あなたの犬はリードを付けられていてもおとなしくできますか?

多くのキャンプ場では犬をリード無しで離すのは禁止かもしれません。そうなった場合は犬を話せようなオープンなキャンプ場所を選ぶほかありません。

愛犬とのキャンプを成功させるチップス

以上がセルフアンケートとなります。ここまでお読みになったあなたならもう愛犬を連れていく準備ができているといえるでしょう。ここでもう一点愛犬に必要な道具やギア、チップスをご紹介します。

犬と一緒に練習しましょう

キャンプ当日の前に犬をどこか知らない、広い場所に連れていきましょう。雰囲気を作って犬を少し不安にさせ、犬がどのように反応するのかを見ましょう。この小さな実験が実際のキャンプでの最悪のケースにどのように対応すればいいか、ヒントをくれます。それぞれの犬よって反応の仕方は様々で、予期しづらいものです。怒ったり怖がったり、狂ったかのように喜んだりもします。

犬に優しいキャンプ場を選びましょう

全てのキャンプ場が犬を受け入れているわけではないのでリサーチをしたりレビューを見たり、管理者と話したりして犬に寛容なキャンプ場を選びましょう。

Camping with Dog

正しいテントを選びましょう

犬をテントの外に置いてそのままテントで寝るとどうしても心配になってしまいますよね。ですので、犬と一緒に利用できる適切なテントを選ぶことをお勧めします。1人用の狭いテントの中で犬に窮屈な思いをさせないように適切なスペースのテントを購入しましょう。

犬のID

犬にIDを付けておきましょう。ドックタグに必要な情報がすべて書かれているかもう一度確認しましょう。電話番号の記載も忘れないようにしましょう。最悪のケースに備えておきましょう。

キャンプ場の近くの獣医の情報を把握しておきましょう

どんなに犬に愛情を注いでお世話をしていても突然病気になったりしてしまうこともあります。そんなときの場合にも準備をしておきましょう。

目を離さないようにしましょう

犬から目を離さないようにしましょう:

  • キャンプ場の缶ゴミの残った液体などを飲んでしまう恐れがあります。
  • 他の犬はフレンドリーとは限らないので気を付けましょう。
  • 子供があなたの犬をからかって臆病な犬がトラブルを起こしてしまう恐れがあります。
  • 不潔な水を飲んでしまうと腹痛や熱などといった症状を起こす可能性があります。

キャンプでのアクティビティとあなたの犬

犬を突き放さないようにしましょう。イベントを計画しているときは犬の快適さも考慮しながら計画しましょう。あなたの犬が山道慣れしていない場合は長い、つらい道を歩かせるのは控えましょう。常に水分補給を気にかけ、また足の肉球の状態を見ておきましょう。犬はしゃべれないので飼い主であるあなたが犬の気持ちを理解してあげましょう。

Camping with Dog

犬とキャンプをする際に持っていくべきもの?

パッキングは犬とキャンプするにあたってとても重要なプロセスの一つです:

  • ウンチ用バックを持ち歩き他のキャンパーの迷惑にならないようにしましょう。
  • リードと首輪は購入しておきましょう
  • タオル:犬用のタオルを用意しておき濡れたときに乾かせるようにしておきましょう。
  • 犬のお気に入りの食べ物:人間の場合はキャンプで特別な食べ物を食べるのを楽しめるかもしれませんが犬はそうではありません。日頃与えている、あなたの犬のお気に入りの食べ物を持って行っておきましょう。
  • おもちゃと犬用ベッド用品:犬に快適な睡眠場所やチューイングボールを用意してあげて犬にとっても快適なキャンプにしてあげましょう。
  • 応急処置キッドを用意して犬の緊急時に備えましょう
  • 虫除けスプレー:あたりで他ぬ犬が吠えている場所やや大自然でキャンプをする際は寄生虫を防ぐために虫よけスプレーを持参しておきましょう。高く茂った草の
  • 辺りのガラクタ等から身を避けましょう。

キャンプ場での守るべきルール

  • 常にリードかチェーンでつないでおくこと
  • 犬を清潔にしておくこと
  • 犬から目を離さないこと
  • 犬をむやみにほえさせないこと
  • 子供に近づけないこと

最後に

自分は犬の扱いになれているので犬とのキャンプでも特に心配することはないと感じる人もいるかもしれませんが、しかし、予期していない事故が発生した際はあなたの責任となります。犬は簡単には見知らぬ地で慣れてぐっすり眠ることはできません。なので無理強いはしないようにしましょう。犬がキャンピングドッグでない場合は無理になれさせようとするのは辞めましょう。あなたにとっても犬にとってもストレスフルとなりかねません。この記事で紹介した項目をもう一度よく考えて安心したキャンプをお楽しみください。