Camping in the Rain: How to Stay Dry?
ヒント

雨の日のキャンプ:ぬれずに過ごすには?

大雨のせいでキャンプ場が水たまりだらけになったら最悪ですよね。アドベンチャーもありません。ストレスもたまりますし、トラブルにも巻き込まれかねません。映画の中でヒロインが雨のジャングルで一夜を過ごすのは絵になるかもしれませんが実際のところそんなことは体験したくないものです。

雨のせいで完璧だったキャンププランが台無しになってしまうと想像すると最悪ですよね。体も道具も濡れてしまいます。ここでは実際のテストに基づく雨の日のキャンプのより良い過ごし方と、濡れないようにする秘訣をご紹介します。

プロからのチップスはこのような感じです:

天候に気を付け、天気予報をチェックしておきましょう

ハイキングをする前に天気予報をよく確認しておきましょう。キャンプサイト周辺の天気予報は特に確認しておくべきですね。キャンプ初心者の方は理解しがたいかもしれませんが雨はほんとにテントやキャンプサイトを台無しにしかねます。
とはいっても天候は変わるものですし完璧に予想することはできません。どんなに予報を見ても丘陵地は気候が変わりやすいです。しかし天気予報を確認するに越したことはないので確認しておきましょう。ラジオを持参してもいいかもしれませんね。
また、天気予報が晴れるといっていても雨具は用意しておきましょう。空気の静けさや風向きの変わり、犬の様子の変化がある場合は早くリュックから雨具を取り出しましょう。

良いロケーションを選びましょう

最適なキャンプ場を選ぶことは天気の良く、暖かく、気持ちの良いキャンプをするための大切なステップです。標高が高く、木で囲まれている場所だといいかもしれません。こういった場所はタープを設置するのにも役立ちます。標高の低いところだと大雨の後すぐに水浸しになってしまうかもしれません。なので標高の高い場所を推奨いたします。土砂降りの翌朝に4インチもの雨水を目の当たりにしたくないですものね。シートを吊り下げられる木などがあるととても便利です。川沿いの岸でキャンプをするのであれば、最高水準点より高いところにテントを設置しましょう。
木下はやめておいた方が良いでしょう。テントに木から雨水が降ってきます。ガイラインが正しく使われていない場合はキャンバスに負荷がかかってしまい、テントが引き抜かれてしまうかもしれません。

How to Stay Dry

雨にも対応できるアウトドアスペースがあるといいでしょう

キャンピングタープは大自然での利用に大変便利です。特に雨の日は便利です。天井に広がるタープの下でリラックスすることができます。パラコードロール、タープ、あと少しの木々があればあなただけのラウンジを作ることができます。キッチンにしたり、昼寝用に使ったりご自分の好きなようにお使いいただけます。雨の日でテントが濡れてしまってもタープが雨からあなたや他の乾いたギアを守ってくれます。また、テントの下にタープを立てるのもいいでしょう。地面とテントの間のレイヤーとなります。いくつか予備のタープがあるといいでしょう。

How to Stay Dry

濡れた服やギアを乾かす

ゆっくりと雨水はあなたに迫っていきます。どんなに頑張っても止められません。服やギアが濡れることになるでしょう。ギアや服を乾かすにはどうすればよいのでしょうか。濡れたまま持ち帰ると大変なことになってしまいます。ギアは傷んでしまいますし服には嫌なにおいがついてしまいます。濡れている間は使えなくなってしまいますし、水分を含んで服は重たくなります。

キャンプ熟練者であればクロースラインを持参することが大切なのは十分承知でしょう。タープの下なら濡れないのでそこで服を掛けてはいかがでしょうか?完全に乾かすには一晩かかるかもしれません。キャンプファイヤがあるのであればその近くだと乾きやすいです(燃えないように注意しましょう)。外で雨が降り続けている場合はテントの中のほうが乾きやすいです。

How to Stay Dry

ギアをあげましょう

質の高いキャンプ用品を持参しておくと体温を保ったりととても便利です。

レインポンチョやポリエステル・防水のジャケットは必需品ともいえるでしょう。雨が降りそうなときはコットンのものはお勧めしません。コットンはなかなか乾かず、濡れると体温も簡単に下げてしまいます。防水カバーはもちろん予備の靴下やグローブ、ベースレイヤーを持っておくと良いでしょう。プラスチックの袋はバックが濡れてしまった際に服を乾かすのに役立ちます。服が濡れてしまうと憂鬱な気持ちになってしまうのはしょうがありませんよね。レインパンツとレインジャケットを持参しておくと良いでしょう。防水リュックの中であれば服やギアは安心ですよね。
ゲイターも忘れないようにしましょう。

雨の日のキャンプでのタープの設置方法?

ここまでタープのいい点をたくさん紹介してきました。次はタープを適切に使うためのチップスをご紹介します。タープでシェルターを作る方法をご説明します。
タープを設置するにはいくつか方法はありますが、周りに木があるか、風の方向はどうか、タープの使用目的は何か、などは設置する前にチェックしておきましょう。
タープを立てるには、ロープといくつかのペグとテントポールが2本必要です。誰かにポールを抑えているよう頼んでポールの間にひもを引きます。余ったロープを地面に挿し、固定します。地面が濡れていたりと不安定な場合は重たい石などで固定しましょう。
同様にもう一本ロープをそれぞれのポールから引いて地面に固定しましょう。タープを取りはじを引っ張ります。シェルターの頂点を変えるにはタープをただ引けば変えることができます。
理想のシェルターの形によってポールやロープ、ペグの使い方は変わってきます。平らなカバーにしたいのであればタープの角を結び、木に引っ掛けておきましょう。どのような形にするにせよ、寛容的に、前もってやりましょう。

最後に

キャンプを日々のストレスから解放されるのに素晴らしい方法です。しかし、無計画なキャンプや急な雨はよりストレスとなってしまうかもしれません。自然は変えることはできませんが準備をすることはできます。準備ができ、道具もそろっていれば大丈夫です。タープが雨から守ってくれます。豪雨などはやはり危ないので注意してキャンプをするようにしましょう。