Camping alone? A Brief Guide to Solo Camping
ヒント

Camping alone? A Brief Guide to Solo Camping

周りの人や物から離れて一人になりたいときもありますよね。都会の騒ぎやせかせかした感じから逃げ出したくなる時もあります。想像してみましょう。星空のもと、森の中でキャンプファイヤの横で草に座り、暖かいコーヒーでもすすりながら揺れる日を眺める姿を。騒音や汚染で溢れるコンクリートの森から抜け出し、自然の美しさを感じる姿を。

ソロキャンプはあなたにとってぴったりのものかもしれません。未経験で何をすべきか、同準備すべきで何を考えておくべきかわからない方に向けてこの記事ではソロキャンプの基礎をご紹介します。知っておくべきことや準備すべきこと、食事や荷物を軽く済ませる方法などをご紹介します。一緒にソロキャンプの冒険に向け、準備しましょう!

キャンプは友達と一緒だとより安全ですし楽しいですよね。緊急時にはトラブルになりたくないですし、他のひとのトラブルに巻き込まれるのも嫌です。しっかりと準備すればソロキャンプは安全で、楽しく、冒険に満ち溢れています。

Camping alone

出発の前にリサーチを済ませ、しっかり準備しましょう

ソロキャンプを計画するときは、リサーチをして目的地を決めなければいけません。初めてのソロキャンプであれば、安全で有名な場所にしておきましょう。水源があるところが好ましいですね。標高、難しさ、距離、気候、水源、入り口からどれくらいかかるか、などの項目を時間を設けて調べておきましょう。また、危険な場所について確認しておくのも大切です。害獣や土砂、崖などです。また、ワンナイトキャンプを推奨しているキャンプ場のほうが良いです。荷物も軽く済みますし、緊急時には助けも求めやすいです。出発前に友達やご家族にいつから開始していつまでに変えるのかなどを連絡しておきましょう。万が一に備え、こういったことをするのは基本中の基本です。予定していた時間に帰ってこなかった場合に探してくれるでしょう。また、出発前に許可が必要であれば許可も取っておきましょう。安全と緊急時の対策としてレンジャーや警察に詳細を連絡して置きましょう。

必要なものは何か? 身軽にキャンプをするためには

Camping alone

必要なギア

はじめてのキャンプであればいろいろとギアをすぐに購入するのはお勧めできません。いい品質のものを求めるなら特にですが、キャンプのギアはとても高価です。購入するべきベーシックなものをご紹介します。レンタルができるならそれもいいです。

         リュック-少なくとも容量が35L-40Lのものを購入しましょう。50Lでも悪くないかもしれません。コンディションや距離、水源など、使用目的によってもかなり違ってきます。キャンプサイドまで2-3時間のトレッキングでつく程度なら、先程溶解したもので十分でしょう。

         

          テント-テントにはいろいろ種類がありますがどれもが良いわけではありません。小さいヴェスティブルと防水タープ付きで自立する3シーズンソロテントがあればいいでしょう。中でもまっすぐに座れるほどの高さがあるものが良いでしょう。これらのフィーチャーがないものはいいものとは言えないかもしれません。ソロテントが見つからなければ、二重層テントでもいいかもしれません。多少重くはなってしまいますが。ナプキンといって、てっぺんに小さなカバーがついているものもあります。激しい天候の時はこれはあまりよくないかもしれません。防水タープは湿気中に入れないためにはとても重要です。そしてテントをわずかに暖かくしてくれます。森の中では夜は冷えるので注意しておきましょう。

         

         くつ/サンダル-トレイルにもよりますが、基本トレッキングサンダルを履くことをお勧めします。普通の靴でもいいですが、基本はトレッキングサンダルのほうが良いでしょう。サロモンは質もよく快適で軽くて丈夫なのでおススメです。地面や岩が濡れて滑りやすい時のためにグリップがついているもののほうが良いでしょう。ゴアテックスのものや防水の靴はあまりお勧めしません。水を通さないのはいいですがその分一度水が中に入ってしまうと出にくいという特徴もあります。サロモンなどのメーカーが提供しているメッシュタイプのものが良いでしょう。水が入っても出ていきます。

Camping alone

必要な服だけ詰めて軽い荷物にしましょう

オーバーパッキングはよくありがちなミスです。キャンプが楽しみになりすぎて必要以上に荷物を詰め込んでしまうことがあります。一夜過ごすだけであれば2セットの服で十分足ります。雨や緊急時に備えてもう1セットあってもいいかもしれませんね。しかし荷物を少なくするのも簡単ではありません。今でもついつい余分にパッキングしてしまうこともあります。なぜ2セットの服で足りるのでしょうか?1セット目は家から出て出発地に向かう時に着る服です。キャンプサイトに着くまでこれを着ます。2セット目はパジャマです。快適で暖かく、乾いたものが良いでしょう。次の日は初日に来たセット1をもう一度着れば大丈夫です。賢くて効率的でしょう?さらに、フリースやウィンドブレーカーも天候によっては持参したほうが良いでしょう。手袋やソックス、ニット帽といった軽くて温まれるものが他にもあるといいかもしれません。防水機能がついていることもしっかりと確認しましょう。ゴミ袋があれば雨水を防げるのでそれも入れておきましょう。

暖かく快眠できるようにしましょう

ソロキャンプの時に確認すべきなのが快適に眠れるかです。テントが高くてソフトな地面に常に立てられるとは限りません。岩場であったり、ごつごつしていたり、固かったりと寝るのには快適でないかもしれません。かつてPEフォームという断熱を使っていたこともありましたが、あれも固くてあまり快眠はできません。寝袋はとがった岩などが下にあれば気持ちよく寝るのは困難です。寝袋はかさばりますしね。しかしキャンプマットはどうでしょう。今ではキャンプはより快適なものとなりました。かつては高価なものばかりでしたが今はオンラインで様々な商品をご覧いただけます。快眠できるのであれば高価なものでなくても構いません。小さめのものを買うと荷物も軽く済むかもしれませんね

十分な食料とスナックを持参しましょう

キャンプの特別な料理は欠かせませんよね、特に夕ご飯は。レンチンのものを持っていく人もいますが個人的にはしっかりと準備をしてキャンプディナーを楽しみたいです。とはいってもしっかりと何を作るか準備をしておけばそれまで難しいことではありません。必要な分だけ持ってきてその場で計画道理作るだけです。荷物も軽く済みますしね。いつトレッキングを始めていつ終わるかによって持っていく食べ物の量は変わります。出発前にしっかりと食事をとり、昼食と夕食を荷物に積むのが良いでしょう。翌日の朝はコーヒーとサンドイッチなんかがあってもいいでしょう。私はビーフジャーキーを予備として持っておきます。軽く、ダメになりにくくてジューシーなのでおススメです。チョコレートバーやナッツ、キャンディーがあると糖分を摂取するために役立ちます。キャンプ場で料理をする場合は、ポータブルバナーや調理セットが必要です。友人から借りられればいいですが、無理な場合は安価で売っているものもあります。ブタンガスを忘れないようにしましょう。また、事前に調理器具を家で使ってみて慣れておくといいでしょう。

その他

他にもキャンプを快適にする素晴らしい道具があります。何を持っていこうとしているかにもよりますが、これらのサバイバルマルチツールガジェットが必要かもしれません。切ったり缶詰を開けたり、何にでも使えます。また、フラッシュライトやライター、水筒や寝る前に読む本があるといいかもしれません。

これらがソロキャンプで必要な基本的な道具です。これがあれば快適に楽しくキャンプを過ごせます。安全に気を付けて木々の中でソロキャンプをお楽しみください。