8 Lessons You Might Learn While Camping
ヒント

キャンプで学べる8つのこと

キャンプファンの方は「最高を期待し、最低に備えよ」という決まり文句を聞いたことがあるかもしれません。これにはすごく共感できます。

 

家族や友達とキャンプに備えているときは出発前に完璧なキャンプ場所とキャンプ道具を抑えておくことが大切です。さもなくば、何かが起こったときにあなたのキャンプが台無しになってしまいます。このような事態は避けたいですよね。

 

 このような事態を避けるためにもキャンプで遭遇するかもしれない8つの問題と対処法についてご紹介します。

 

camping

 

#1. 大事なものを忘れるかもしれません。

この問題は間違いなくNo.1です。キャンパーは大事なアイテムやアクセサリーを忘れがちです。誰もがすべてを完璧に覚えてられるわけではないですが、テントや寝袋などの大事なアイテムを忘れてしまうと最悪な結果になってしまいます。

 なので計画をしているときはチェックリストも作り、それを追って確認することで忘れ物がないようにすることをお勧めいたします。

camping gear

#2. 予期せぬ悪天候

スムーズなキャンプをお楽しみいただくには予期せぬ悪天候にも備えなければなりません。雨や雪、雷などに備えたギアをもっていかないとキャンプが台無しになってしまう恐れがあります。

 

しかし、どのように備えればいいのでしょうか?簡単です!天気予報に頼りすぎなければいいのです。天気予報でも外れることだってあります。キャンプ場で起こりうるひどい天気を予想して対策をしっかりとすれば、きっと大丈夫でしょう。

 camping

#3. テントの立て方が分からなくなる

pop up tent

キャンプ場についてからテントの立て方を知らないことに気づいたのではもう遅すぎます。市場にあるテントの多くはマニュアルがついているのでしっかりと確認しておきましょう。

キャンプサイトに着いてから、マニュアルを読むのではあまり実用的でないかもしれません。例えば、2年前、ファミリーキャンプでポップアップテントを使ったのですが間違いなく最高のキャンプの思い出になりました。ポップアップテントはマニュアルを読む必要もなくものの数秒でセットできます。また、テントは虫よけになり、虫が良く出るキャンプ場では大いに役に立ちます。雨が降っても防水なのでそういった面もいいです。Ayamayaポップアップテントは市場で見つけることのできる最高の品です。

tent

#4. 虫は刺したり嚙んだりします

痛っ!虫やダニ、ツツガムシや蚊、日アリの被害に多くのキャンパーがあっています。時には虫除けスプレーさえ効かないこともあります。一度虫がテントに入ってしまうと噛んだり、むず痒い思いをずっとする羽目になります。

 

ではどのようにこの問題を解決すればいいのでしょうか?以下のチップスを参考にしてみてください:

  • 背の高い草が生えている辺りにテントを立てるのはやめましょう
  • 体を覆える服装にしましょう。

それでもこの問題が続く用であれば、蚊帳を探してみましょう。私たちはAyamaya蚊帳付きハンモックを作りました。これがあれば虫に挿される心配もありません。蚊帳付きハンモックは優れているだけでなく、多くのキャンパーが経験する虫問題も避けることになります。

hammock mosiquito net

#5. 夜にはとても肌寒くなります

 夏は夜の気温が下がりやすくなります。寒さを防げるような体を覆えるものなしでキャンプサイトに行くとせっかくの期待していたキャンプが台無しになってしまいます。

 夜に快適に眠るためにも寝袋を購入しなければなりません。寒い夜でも寝袋があれば家族と暖かく過ごすことができます。私たちが使ったAyamaya寝袋はとてもいい商品で最高のキャンプを送ることができました。同様に、あなたも同じ体験ができると思います。

sleeping bag

#6. キャンプ道具が重すぎる

重たい荷物を持ちながらキャンプに行っていい顔をして家に帰ってくる人は誰もいません。駐車場から何マイルも歩いてキャンプサイトに向かうのに、重たい荷物を持っているととても苦労します。どうしますか?機械で運びますか?それとも友達や子供に運ぶのを手伝ってもらいますか?子供にそんな想いをさせるなんて冗談じゃありません。

Ayamayaキャンプギアこそ完璧な解決策です。これらのギアは軽く、三歳児でも背負ってハイキングに行けます。3-4人テントと4-6人テントの2種類からお選びいただけます。

#7.暖かいお湯へのアクセスがない

キャンプ好きの知り合いに聞いてみればわかると思いますが、テント、フットプリント、杭、寝袋、キャンピングマット、枕、ヘッドランプ、ライト、キャンプチェアやランタンなどよりもずっとずっと大切なのが暖かいお湯です。しかし、キャンプサイトに着いたらどのようにして暖かいお湯を確保するのでしょうか?

キャンピングウォーターヒーターがあると暖かいお湯を確保できます。シャワーや皿洗い、暖かい飲み物を作ったり、インスタントの食事を作るのにも使えます。また、持ち運び可能なウォーターヒーターがあればあなたの周りの人も暖かいお湯を確保できます。

camping stove

#8. キャンプサイトで身動きが取れなくなってしまう

 研究によれば今日では猛吹雪によってキャンプ場で身動きが取れなくなって帰れなくなるケースもあるそうです。このような事態に準備していなかった場合は特に大変なことになります。

また、車のタイヤがパンクしたり、車が動かなかったりすると同じようにキャンプ場から出られなくなってしまいます。

このような状況を避けるためにも基本的な修理道具や換えのタイヤも持ち物リストに含めておきましょう。

camping

まとめ

キャンプは時間をかける価値のあるアドベンチャーです。しかし、上記の問題に備えて準備をしておかないと、あなたのせっかくのキャンプが台無しになってしまう恐れがあります。キャンプ前にしっかりとこの記事を読んで準備をしておきましょう。