Why & What You Need to Hammock Camp?
ハンモック キャンプ

ハンモックキャンプで必要なこととその理由?

ハンモックキャンプは多くの人にとって快適なキャンプの仕方です。人気がとても出ていて家で使う人もいます。地面から浮いているので汚れる心配もありません。気が日本ある場所ならどこにでも取り付けられ、地面に寝ているときの様に背中を痛めることなく快適に寝ることができます。また、ハンモックキャンプは必要な道具も多くなく、お財布にも優しいです。暑い夏にはハンモックと、ツリーストラップ、お好みで虫よけ網や寝袋を用意さえすれば快適に過ごせます。

真夏でのハンモックキャンプのいいところはテントをしっかりとセットするより、持っていく道具が少なくて済むことです。また、ハンモックに横たわればきれいな夜空を眺めることができます。また、冷たい風が吹いてきたときにはタープを設置して雨と風を防ぐことができます。アンダーキルトがあれば暖も取れます。アンダーキルトはハンモックの下につける寝袋のようなものです。風が下から吹いてくるときには冷風シンドローム(CBS)を起こしてしまいます。アンダーキルトは下からの風を防ぎ、地面とあなたの間にカバーとなるレイヤーを作ることであなたが寝ている間も暖かく保ちます。これはテントの中で断熱の寝袋を使うのに似ています。また、ハンモックの上で寝ていない時はハンモックは揺れやすくなっています。ハンモックのほうがテントより設置するコストも難易度もずっと簡単です。

ハンモックキャンプに持っていくべきギア?

基本的にはハンモック、木を守り、つるすのを楽にするためのツリーストラップ、寝袋が必用です。天候によっては他のものを付け足してもいいかもしれません。この記事では、基本的な事項や、低価格でいい質のギアをご紹介します。

Summer camping

暖かい夏の夜には先ほど挙げた3つの基本的なギア以外は特に必要ないでしょう。しかし、蚊よけのネットがあってもいいかもしれません。もともと付属しているものもありますが別注で買わなければならないものもあります。雨が降りそうな場合はタープを用意しましょう。また、日中に使用する場合はサンシェードが付属のハンモッもございます。あなたのニーズに合わせて多様なセットが用意されています。

summer hammock

春秋:

寒くて変わりやすい天候の時には基本的な3つのギア以外にも付け足しておいた方がいいでしょう。雨の際にはタープを、寒い時にはアンダーキルトがあるといいでしょう。タープは睡眠時やラウンジにいるとき、料理をしているときでもあなたを濡れさせません。テントの中で料理をするのはお勧めできませんが、タープとハンモックさえあれば、ポーチモードにして広々とした外で料理ができます。気温がぐっと下がったときにはアンダーキルトがあると暖かく過ごせます。冬のような寒さも防げるものも中にはあります。寒い時にはアンダーキルトはとても大切なものとなり、肩や頭、足がはみ出て冷えてしまうスリーピングパッドより優れています。濡れたり、寒い思いをすることほどキャンプを台無しにできるものはありませんよね。

winter camping hammock

冬:

冬にはもちろんタープ、アンダーキルト、より暖かい寝袋が必要となってくるかもしれません。冬でのキャンプに最適なゼロ度スリーピングバッグがあるともう完璧です。体を閉じ込めることが暖かく過ごすカギとなります。タープを近くに設置してスペースの空きを少なくするといいです。また、ジャケットや暖かい靴下、帽子などがあるとさらに暖かく過ごせます。また、費やストーブの熱を使い湯たんぽを作ると効果的に温まれます。寝ている間に抱きしめることで温まりながら寝ることができます。寝る前に湯たんぽを寝袋に入れておき、事前に温めておくのもいいですね。

アクセサリー:

Accessories hammock

カラビナ-結び目を作るのが苦手な方はカラビナがあるととても助かるでしょう。ハンモックの四隅に取り付けます。しっかりと結び目を作るために、ロッククライマーも使う8オンバイトという方法で結んでおきましょう。そしてカラビナとツリーストラップを合わせて完成です。

ツリーストラップ-多くのハンモックは直接気に取り付けることもできますが、ツリーストラップの使用をお勧めします。気を守ることにも繋がりますし、ツリーストラップを付けなければいけない公園も多いです。ツリーストラップは1-2mほどのクモの巣上になったものです。10-15ft以内なら取り付け可能で、角度や長さを調整できるのであなたにとってパーフェクトな体勢でリラックスすることができます。両端の期に取り付けられるよう、2個セットの商品となっています。木をぐるぐる巻きにすることで固定します。小さな木の場合は大目に巻いてしっかりと固定します。そしてカラビナとともにdaisy チェーンループを取り付け長さを伸ばします。

この2つのツリーストラップがあることで大変助かります。木とループの間にペットボトル、ソーラーパネル、ヘッドランプなどを吊るすこともできます。可能性はいくらでもあります。

テンショナー-テンショナーはラインの圧を高めたり、緩めたりするのに使います。タープのガイラインの様に機能し、簡単に、結ぶことなく調整可能です。アルミやチタンでできており、小さく、50lbs程度の少ない圧のものに使用が可能です。

リッジラインオーガナイザー-小さなオーガナイザーを作ったり買うことができます。リッジラインに取り付け可能で、ハンモックの中に収納を作ります。携帯、ヘッドランプ、薬や水などの小物を入れておくことができます。なので、簡単にこれらのものを取ることが可能です。真夜中にハンモックから出て取りに行く必要もありません。すべてのアヤマヤのハンモックはサイドポケットがついておりますが、さらに収納できるところが欲しいという方はリッジラインオーガナイザーを購入してみてもいいかもしれませんね。

hammock Pillows

-ハンモックの中で枕を使いたいという方もいらっしゃいます。カーキャンプなら家から好きな枕を持ってくればいいだけですが、バックパックキャンプならサイズと重さは小さく抑えたいですよね。そんなあなたにはエアーピローがおすすめです。小さくたたんで持ち運び可能です。

メディアホルダー-携帯などのデバイスを置いておくホルダーを最近では多く見かけます。取り付け可能なハンモックが決まっているものもありますが、ハングタイムフックなどのすべてのハンモックに取り付け可能なホルダーもあります。価格もそこまで高くなく、映画を見たり本を読んだり、案額を聞いたりするのをハンモックウニ横たわりながらできます。

夏から秋にかけてのハンモックキャンプ楽しく、簡単で多用途にわたります。外で寝る一番快適な方法という人もいます。ガイドブックを読んでコツを知っておきましょう。YouTubeで結び方やハンモックの設置方法、ギアのレビューを見るのもいいでしょう。ここまで読まれたあなたはかなり詳しくなったといっていいでしょう。さて、次はどんな記事を読みますか?