How To Use The Hammock In A Proper Way?
ハンモック キャンプ

ハンモックを適切に使うには?

森の中でのキャンプや休日にビーチでキャンプをご計画中ですか? それとも家で子供と楽しめるものをお求めですか?そんなあなたにはハンモックが最適です。それ以外何がありましょうか?

ハンモックは平和と休みのサインでもあり、余暇を過ごしたり、読書をしたり、観光、または寝るのに完璧な場所をお探し場合はハンモックがぴったりです。

多くの人はハンモックが背中の痛みや不快適さを引き起こすものだと思って嫌いがちです。また、バランスを崩して落ちてしまうと考える人もいます。また、足腰が冷えると考える人もいますが、これらは本当なのでしょうか?それともただの迷信でしょうか?もちろんそれらはただの迷信です。もしこのような経験をされたのであればそれはおそらくハンモックのせいではなく、適切な設置をしなかったためです。この記事を読んで快適に、よりよくテントを立てる方法を学びましょう。

ハンモックの立て方

ハンモックを立てる際のステップをご紹介します。これらのステップに注意して立てましょう。

ステップ①:ハンモックを間に建てるための木を二本見つけましょう。いい木を見つけるコツをご紹介します。

hammock

  • 生きている木にしましょう。ハンモックを死んだ木に欠けるとへし折れる可能性があります。
  • 木々の間にハンモックを掛ける十分なスペースがあることを確認しておきましょう。5ペースもあれば十分と言えるでしょう。
  • 木々の間に大きなブッシュがないようにしましょう。ブッシュがあるとハンモックが裂けてしまいます。また、有害となる虫や動物がいるかもしれず、危険です。
  • 木の厚さは少なくとも1フィートはあるようにしましょう。細すぎる気だと重さに耐えきれなくなってしまうかもしれません。
  • 空に垂直になるようハンモックを立てると、雨風の影響をあまり受けずに済むかもしれません。

ステップ②:

木のツリーストラップを覆い、ツリーストラップのリングとハンモックのリングを掛けましょう。ハンモックのサスペンションとして10フィートの長さのストラップが2つ必要となります。このステップについて詳細を見ていきましょう。

hammock

  • 片方のストラップはオーバーループノットで結んでおきましょう。直径で言うとほんの数インチほどの長さかもしれません。
  • もう片方のロープにカラビナを付けます。
  • 木の前に立ち、4フィートほどの高さにストラップを付けます。結んだほうのロープを置き、ストラップとカラビナを結びつけます。ストラップが平らになっていることを確認しましょう。木を傷つけずにハンモックを支えることができます。
  • カラビナをループに通し、ストラップを閉め、ストラップを反対側に持っていきましょう。
  • 上記を繰り返し、ハンモックを掛ける十分なストラップが残っているまでやりましょう。そしたらカラビナを木に1-2周回し、サイドに詰め込み、引っ張って固定しましょう。
  • ハンモックをカラビナに掛けます。

ステップ3:

快適に使うためにはハンモックの高さを調整するのは大切です。ハンモックを設置する際に以下のチップスを心掛けましょう。

hammock

  • イスに座るくらいの高さでハンモックをセットします。地面から18インチほどがいいでしょう。
  • ストラップを調整し、地面から30度ほどの角度に設置します。
  • ストラップの圧を確認します。圧が高すぎても低すぎても快適にハンモックを使うことはできません。
  • ハンモックの高さを調整します。ツリーストラップを地面から4-5フィートほどの高さに移動させます。カラビナがついている方が長すぎたり短すぎたりする場合はストラップを開くか、木に巻くかして高さを調整します。

ハンモックの高さを調整してハンモックがたるみすぎることなく、貼りすぎることもない状態にします。トラディショナルなタイプのハンモックは快適に過ごすため、少したるむものもあります。

ハンモックで快眠するために

ハンモックをきちんとセットしたら転げ落ちることを心配する必要はありません。ハンモックはバランスと柔軟性に優れたデザインとなっていますので安心して快適に乗ることができます。さらなる快適性を体験いただくためのチップスを他にもご紹介していきます。

あなたのサイズと重さに合うハンモックを選びましょう。

あなたのサイズや重さ、ニードとマッチしたハンモックを購入しましょう。ハンモックには主に2種類あります。

  • シングルハンモック:幅が4-5フィートほどのハンモックでその軽さからキャンプやバックパックに最適です。体重制限は300-400ポンドほどです。
  • ダブルハンモック:ダブルハンモックは5-6フィートの幅があり、誰かとシェアして快適に過ごすのもいいでしょう。負荷制限は500ポンドまでです。

凄く高身長でない限り、ハンモックの長さはあまり問題にはなりません。多くのハンモックがそうなのであまり心配する必要はありませんが、身長より2フィートほどの長さがあるといいでしょう。

蚊帳付きハンモック

hammock

森を探検したり、星空を眺めるのが好きな方でしたらハンモックは最高の品になりえます。しかし、アウトドアとなると蚊はつきものです。病気を防ぐためにも、蚊やその他の害虫から完璧に身を守らなければなりません。こんな状況でもハンモックをあきらめる必要はありません。今日では、蚊帳付きのハンモックもございます。このハンモックは虫を寄せ付けず、庭のハンモックの上で読書をしているときに耳元で蜂に邪魔されることも、森の奥深くで有毒な虫を恐れながら過ごす必要もありません。

斜めに横たわりましょう

hammock

ハンモックを立てる際に気づくかもしれませんが、ハンモックはカーブしたデザインになっています。まがったバナナのような形のベッドの上でどのように快適に眠れるのでしょうか?その形状から、ハンモックの真ん中に横たわると、あまり居心地が良くないかもしれません。しかし、心配は不要です。ハンモックに斜めに横たわることで快適に使うことができます。ハンモックは何世紀も寝袋としれ使われてきました。このような人たちはなぜ腰や背中の痛みを伴わずに済んだのでしょうか?ハンモックを快適に使う姿勢のチップスをご紹介します。

  • 通常通り、ハンモックの中に入ります。
  • 体を曲げ、真ん中に横になります。
  • 足をハンモックの片方の端に寄せます、少なくとも真ん中から18-20インチほど動かしましょう。
  • 頭も同様に動かします。
  • ハンモックの中央から30度ほどの角度を作ります。
  • 体がハンモックの中心にあったときよりずっと楽になっているでしょう。この姿勢で快適に眠ることができます。

ハンモックに何も乗っていない時、ストラップの圧力は全て端にかかります。しかし、人が乗ると圧力がハンモックの中央に集中します。この力を使ってハンモックを快適な形に調整することができます。完璧に平らな形にはできませんが、その必要はありません。頭と足が少し上がった姿勢が快適に過ごすのにベストな姿勢です。

マットレスを使いましょう。

hammock

寒い場所でキャンプをするのであれば、ナイロンのハンモックは十分でないかもしれません。このような場所にはマットレスを持って行って夜暖かく過ごすのもいいでしょう。マットレスを使うことは暖かく過ごせるだけでなく、より快適に過ごせます。斜めに横たわるのが嫌な場合はマットレスを引いてハンモックをまっすぐにすることもできます。

ブランケットや寝袋で体を覆って暖かく過ごす。

hammock

木々のせいで夜の森は大抵寒いです。ハンモックで暖かく過ごすにはブランケットが必要です。寒い思いをしなくて済むよう、ハンモックに乗る前にブランケットを持っておきましょう。寝袋で代用するのもいいでしょう。

まとめ

好みによってはハンモックはリラックスしたり休んだりするのに最高の場所となります。素敵な景色を見れる場所にハンモックをセットするといいでしょう。きっと素敵な、落ち着きのある時間を過ごせるはずです。ハンモックは快適なアイテムです、恐れる必要はありません。正しい使い方をすれば、最高のリラックスタイムを味わえます。