How to Choose The Best Hammock Underquilt?
ハンモック キャンプ

アンダーキルトハンモックの選び方?

ハンモックの中でまったりするのは最高ですよね。ハンモックの中で夜空の星を眺めて、自分で作った完璧なキャンプ設備の近くでアウトドアを楽しめます。ハンモックを片手に自然を探索し夜中に森を散歩するのもいいですね。ハンモックはキャンプをより美しくし、初心者ベテラン関係なく存分にお楽しみいただけるアイテムの一つです。

ハンモックでぐっすり寝た後には気持ちの良い朝を迎えることができるでしょう。ハンモックで快適に寝るには適切なインシュレーションと経験が必要です。また、寒い季節で日が沈んだ時はキャンプを楽しむためにそのハンモックで暖を取るのもいいでしょう。しかし、一般的なハンモックには欠点もあります。それはハンモックの後ろ側にはインシュレーションがあまりないことです。

アンダーキルトハンモックは最新のデザインで後方にインシュレーションが集中しているため、快適に、温かく、安心してご利用いただけます。

 

 

ayamaya hammock underquilt

なぜアンダーキルトハンモックが必要なのか?

起きたときに疲労や寒気を感じることがありますか?疲れが残っていたり、あまり夜眠れなかったり、お尻が冷えたり…こんな経験よくありますよね

アンダーキルトはこんな状況でも快適にハンモックで過ごすためのベストアイテムです。もう今までの寒さとは無縁だともいえるでしょう。アンダーキルトハンモックはハンモックの下にインシュレーションの層を作ることでこれらの問題を防ぐようにデザインされています。このハンモックの秋・冬の使用も十分にお楽しみいただけます。

アンダーキルトハンモックを購入する前に考えるべきこと?

アンダーキルトハンモックをお選びになる際は考えておいた方がいい項目がいくつかあります。

どんな環境でお使いになるか、バックパックキャンプなのかカーキャンプなのか、どのくらいの気温になりそうか、降水はどうか。また、予算やいくらかなどこれらの項目は汗水かいて稼いだお金で購入してしまう前に考えておいた方がいいでしょう。

 

ayamaya

シンセティックかダウンインシュレーションか

より良いインシュレーションを求めてアンダーキルトハンモックを買う際にはシンセティックとダウンインシュレーションそれぞれの特徴を見ておくと良いです。インシュレーションの種類は暖かさ、重さ、撥水性、圧縮性、価格にダイレクトに影響します。ダウンもシンセティックもお互いにいい点と悪い点があります。なので適切なインシュレーションの種類を選ぶことは大切です。

ダウンインシュレーション

ダウンインシュレーションは普通の羽毛でできているとよく言われますがそれは迷信です。ダウンは実はアヒルやガチョウといった水鳥の外羽の下の羽を使っているのでソフトで、ふわふわで細い糸でできています。ダウンと普通の羽毛のミックスを使う職人もいますが、定義上、ダウンというのは普通の羽毛とミックスはしてないものを指します。

ダウンは空気をキャッチすることで熱を遮断し、軽く、簡単にしまうことができ、耐久性と通気性が良いことで有名です。寒さや乾燥から身を守り、携帯するのにも簡単です。ガチョウの羽毛のものは特に質が高いです。にもかかわらず、多くの職人は最近では製品のすべてまたは一部をアヒルのダウンに移行しています。アヒルのダウンはダウンの膨張性を測るフィルパワーが強く、優れた熱を生み出します。プレミアムダウンは900フィルパワーに及びます。アヒルのダウンは750-800フィルパワー以下となります。

良い点:

  • 優れた暖かさとその軽さ
  • 圧縮性
  • 耐久性にも優れています。適切で丁寧なケアをすればアンダーキルトは何十年ももつでしょう

悪い点:

  • 濡れると断熱力が失われ乾かすのに時間がかかる
  • クリーニングの際に特別なケアが必用
  • 低刺激性に優れていない(あまり問題になることはありません)
  • シンセティックより価格が高い

シンセティックインシュレーション

シンセティックインシュレーションはその強さと総合的なパフォーマンスとそれに対する良心的な値段で知られています。ポリエステルから作られたシンセティック羽毛は速乾性に優れてるのにも関わらず断熱性もあります(ダウンだとこれは難しいです。)

 

良い点:

  • 撥水性に優れ断熱の質は濡れても落ちません
  • 低刺激
  • 低価格

悪い点:

  • ダウンより重く、かさばりやすい
  • 一定の重さ当たりの熱がダウンより弱い
  • ダウンより耐久性には優れない、断熱性はバックがスタッフサックに入るたびに下がってしまう

しかし、シンセティックのものの多くはダウンより断熱性に劣ります。なのでダウンは価格よりも快適さを重視し、撥水・吸水性は特に気にしないキャンパーにおススメですし、価格と耐久性を重視し選択が楽で撥水性もあるものをお求めのキャンパーにはシンセティックがおすすめです。

 

ayamaya hammock

生地:ナイロンかポリエステルか

ナイロン:

リップストップナイロンはハンモックで最もコモンな生地ですが、それだけではありません。リップストップナイロンは耐久性に優れた生地でなかなか破れません。伸縮性にも優れ、臭いも吸収しません。ナイロンは水分を吸収するので濡れると重くなってしまい、乾くのに時間がかかります。水分の吸収量を少なくするにはシルニオン(シリコンが入っており、耐水性が強くなります)などのナイロンを選ぶといいです。シルニオンは普通のナイロンよりも強度が高いです。

 

ポリエステル:

ポリエステルはナイロンとは真反対です。ナイロンほど強くなく、伸縮性もありません。しかし耐水性は強く、繊維も水の重さを含まないので、雨の日に使っても大丈夫です。ナイロン同様、ポリエステルもシリコンでコーティングすることができます。シリコンでコーティングするとシルポリーとなり、防水防風となり、ハンモックに最適です。

 

温度

多くのアンダーキルトは快適レートやリミットレートなどとしれ知られる温度レートがあります。快適レートは寝てる間に暖かいと感じられる最低温度のことです。リミットレートとは丸くなって寝ているときに寒くならない最低温度のことです。それぞれのアンダーキルトは生産者によって決められた特有の温度レートをもちます。アンダーキルトを選ぶ際は使用場所の平均気温より10℉低いところでも機能するものを選ぶといいでしょう。

 

重さ

重さももちろん考慮すべき大切な項目の一つです。荷物を軽くするためには25オンス以下のキルトが良いでしょう。

アンダーキルトはバックパック、カーキャンプにもいいですしご家庭でのご利用も可能です。同じような温度レートのものと重さを比較できるようにしておくといいでしょう。軽く、メンテナンスが簡単なものが良いでしょう。

hammock underquilt

 

アンダーキルトハンモックの生成方法


必要な材料:

ハンモックを立てる際には次の材料が必要となります:

  • パッキング可能なダウンスロー2つ(ダブルダイアモンド60” x 70” 700)
  • 5インチワイドのグログランリボン
  • 1/8インチのショックコード
  • シームリッパー
  • 縫い機、または裁縫セット
  • とがったはさみ
  • ピンまたはバインダークリップ
  • メジャーテープ

 

複雑なDIYをする必要はありません。以下の3ステップで完成です:

ステップ1、2つ目のスローを置き、並行的な60インチの縫い目をシームリップします。ダウンを振り、絞るとダウンは片方のサイドのキルトによります。

ステップ2、新しくキルトの長さの縫い目を縫います。(25インチほど)切り、余分な繊維を捨てます。キルトをけば立て、2インチほどにします。

ステップ3、1.5インチグログランリボンを使用しキルトの四つのサイドのそれぞれの経路を縫います。次に1/8インチショックワイヤをキルトのそれぞれの角に取り付けます。ショックコードはハンモックのアンダーキルトを変え、延長するのに使います。

 

hammock underquilt

アンダーキルトをどうハンモックにするか?


簡単なステップであなたのハンモックにアンダーキルトを取り付ける:

これは2人以上でやるとより簡単です。是非お友達と一緒にやってみてください!アンダーキルトをハンモックの下に広げます。キルトにあまり圧力をかけないように注意します。また、ハンモックとキルトの間の隙間を最小にします。隙間が空いていると断熱効果が下がってしまいます。

手をハンモックとキルトの間に置き、空気の隙間を確認します。キルトのサスペンションを調節し、空気の隙間がないようにします。それぞれのサスペンションラインを1/2インチほど細かく調整し、空気の穴がなく、キルトに十分なスペースがあるようにします。

キルトが圧により伸びすぎてしまうと平らになり、断熱性が下がります。なので空気の隙間をなくすためにサスペンションを調節している間、キルトの外側がが膨らんでいるままなことをご確認ください。

より探索し、より安心するためにアンダーキルトハンモックに投資するのはそれだけの価値があります。荷物を最適で旅行にとっておきのアンダーキルトをバックに詰め自然を十分にご堪能下さい。