How To Setup Guylines and Stakes Of The Tent?
キャンピングテント

ガイラインと杭の設置方法?

ステップバイステップガイド

ステップ1 ガイラインの片方の先端をしっかりとテントにつける

テント防水タープにはガイアウトループと呼ばれるいくつかのループがあります。角にあります。テントによっては側面や角にあるものもあります。これらのループはガイラインを取り付けるためのものです。

いい質のテントはガイラインが付属でついています。現在お持ちのガイラインがしっかりしたものでないなら買い替えも検討しましょう。

ガイラインを締めるためにどこのループを使えばいいか、ここまで話してきました。次はガイラインの結び目について知りましょう。結び目は安全でなければいけません。最も使われている結び方について紹介していこうと思います。

Guylines and Stakes

アンカーを張って調整するためのテクニック

適切なタイプのアンカーを選ぶのはとても重要です。必要な道具はご存じですか?そうです。もちろんいい杭が必要です。地面が岩や泥、砂の時は岩や木を使って杭を刺すといいかもしれません。でないと簡単に抜けてしまいます。

自分の状況や快適さに合わせて杭かアンカーの方法をお選びいただけます。一番の目的は全体を調整可能なものにしておくことです。調整においては結び方はとても大切です。テンショナーもラインを調整するのに役立ちます。中にはテンショナーが一番楽だと考えるキャンパーもいます。

タウトラインヒッチのっとはテントを杭で抑えるのに最適な結び方です。

Guylines and Stakes

ステップ3テントを杭で抑える

ノットを結び終えたら、テントを杭で抑えます。ここであなたの好みや設置場所に合わせ、長さや圧力を調整できます。杭を45度に傾けて挿します。こうすることで耐久性が上がります。また、ラインをまっすぐにするといいです。杭をテントから遠ざけすぎると反発力を失います。結果、少しの力で抜けてしまいます。

Guylines and Stakes

知っておくべき結び方

ボウラインノット

  • 左手に斜めにロープを置きます。片方が垂れ下がっています。手で小さなコイルを作ります。
  • たれている方を下からハートに通します。
  • ラインを結び、ループを下げます
  • 空いているエンドを引っ張り結び目をきつくします。

Guylines and Stakes

ガイラインテンショナーについて知っておくべきこと

テンショナーの使い方はもう説明してきました。ここからは詳細を説明していきます。テンショナーはコードの端か下にループのようなものを作ります。こうすることでテントの固定がずっと楽になります。

通常のガイラインテンショナーは2つ穴があります。コードがこれらの穴を通り結ばれます。ケーブルの端から終わりにかけてテンショナーをスライドさせます。テンショナーを通してコードを引っ張れば、ループの完成です。

ループは大きくしておきましょう。コードが狭いとテンショナーが上がってしまいます。このようにして簡単にキャンプをセットできます。アンカーを杭で固定した後、テンショナーで圧力を調整できます。これで、杭が抜けてしまうのを心配する必要がありませんね。

いくつのガイラインを使うべきか?

テントのデザインやその場の天気によって使うべきガイラインの数は異なります。風向きが変わりやすいところでキャンプをする際は、多くガイラインをする方がいいでしょう。通常、4つあれば大抵大丈夫です。

Guylines and Stakes

その他

ガイラインを結んだことを忘れ、つまづいてしまうのはよくあることです。そんな事態を避けるため、明るい色のものを購入しましょう。ネオンカラーのものもございます。ベーシックなカラーのものは自然の中でキャンプをしていると溶け込んでしまいがちです。特に夜中は。つまずいてしまうとテントがひっくり返り、けがをする恐れもあります。夜に光を反射するガイラインもあります。ベーシックなガイラインをお持ちの方は近くに石を置いたり、何かをかけて置いたりして気が付けるようにしておきましょう。

事前にガイラインを防水タープに取り付けてみましょう。負荷がかかり、もつれることもあります。事前にやっておくことで当日助かります。時間がかかるのでキャンプ場がすでに天候が悪い時間に合わないかもしれません。

杭の予備を持っておきましょう。ガイラインを初めて利用する方はそのほうが良いでしょう。

ボトムライン

キャンプは夢中になり、心と感覚を落ち着かせるとてもいい方法です。しかし一つの失敗が台無しへとつながってしまいます。母なる自然の機嫌は変わりやすいものです。なので常に準備は万全にしておきましょう。子供とでも友人とでのキャンプでも常に万全に準備をしておくことが完璧なキャンプへとつながります。適切なガイラインを買い、テントを杭でしっかり固定しましょう。それでは、いい旅を。