How to Prevent Condensation in Your Tent
キャンピングテント

テントで結露を防ぐには

キャンプでのテントではとてもリラックスして楽しむことができる場所です。木の中を登山し、星空を眺めて、キャンプファイヤーのそばで料理をする光景は日常とは程遠いものです。しかし、テントに結露が起きてしまうと台無しです。テントのフライシートからの湿気で目覚めたことはございますか?テントの結露を経験したことのある方はたくさんいるでしょう。休む場であるべきテントが湿気に覆われてしまうと最悪ですよね。キャンプやバックパックでは誰もが一度はする経験です。

しかし、結露はダブルウォールでもシングルウォールのテントでも起こりうる自然現象です。

この記事を読んでテントの結露の原因を探る、対策を練ってみていきましょう。

Condensation tent

1.テントの結露の原因とは?

テントの結露は暖かい風や湿気を帯びた風がテントの屋根やインテリアウォールといった冷たい表面にあたることで発生します。晴れた日に冷えたビールのジョッキが結露しているのと同じ原理です。お風呂から上がったときに上記が鏡を曇らせるのも同じ現象です。

同様にして、テント内の暖かい空気が外のフライシートに触れます。これは外の冷たい空気が原因です。結果、フライシートのアンダーサイドが結露してしまいます。結露の水はテントの繊維を濡らし、メッシュの窓から水が落ちていきます。また、自分の吐息が結露を起こすこともあります。以下を読み、どのように結露を防げるか見てみましょう。

以下がテントの結露の主な原因です

  • クリアな寒い夜
  • 午後の雨の後の冷えた夜
  • 雨のコンディションで風がなく、夜冷えるとき

2. 結露を防ぐには?

どんな時でも直すより事前に予防するほうが良いものです。以下の記事を読み、どうやって結露を防げるか考えてみましょう

  • テントを喚起する

人は寝ているときに約水1リットル分の空気を吐くと知っていましたか?これはテントの結露の原因の一つです。空気の流れを作ることで湿気を外に出すことができます。窓を開けたりして喚起をしましょう。入り口を開けたり、ジップを開けたりして中の空気の湿気を外に出すのも良いでしょう。

テントの喚起をすることはテント内の湿気を防ぐ最もいい方法です。中の湿度を下げ、適切な空気の流れを作ります。また天気が優れない日はドアの上部と下部を開けておくのもいいでしょう。多くのテントには換気機能がついているので、うまく利用し室内の湿気を逃がしましょう。

Condensation tent

  • 二重層テントを使う

トラディショナルなキャンプをするのなら二重層テントがおすすめです。これを使えば結露も防ぐことができます。インナーレイヤーが結露を防ぐ通気性のものとなっておりアウターレイヤーは天候から身を守れるものとなっています。インナーレイヤーは耐水で通気性の良いものとなっており、室内の湿気を追い出し、結露の水があなたに落ちるのを防ぎます。テントの中での快適な生活を提供し、濡れている状況でもできるだけ結露を防ぎます。

Condensation tent

  • 大きい防水タープを使う

キャンプ中に雨が降ってきた場合はキャンプのテントを濡れないようにするのは凄く大変です。大きな防水タープを使うことで雨よけにもなりますし、思い出にのこるキャンプともなります。防水タープは結露が生じるのを防ぎ、地面に流します。テントをピンと張り防水タープでしっかり中のテントをカバーしましょう。防水タープはテントが雨に濡れるのを防ぎます。結露とはおさばらのキャンプをお楽しみいただけます。

  • キャンプ前にテントを確認しておきましょう

キャンプ前にテントを庭で一度立ててみておくことと、テントを乾かしておくことはとても大切です。ジッパーや換気、縫い目や修理が必要な個所などを必ずチェックしておきましょう。防水スプレーをテントにかけて、中に雨水が入らないようにするのも大切です。必要に応じてテント用の裁縫道具を使用しましょう。

  • 乾いた地面にピッチオンする。

床は結露が起きやすい場所でもあります。ギアや寝袋が濡れてしまうと嫌ですよね。緑豊かな草の上でキャンプをしたいですよね。しかしそんな場所でのテントは結露が起きやすいです。濡れた草の上でなく乾いた地面の上に置きましょう。また、湿度が他に比べ、高くなるような水源の近くにテントを設置しないようにしましょう。しかし、テントを設置するときに地面を乾燥していて暖かいものにするとっておきの方法があります。フットプリントタープを設置することです。テントの床よりわずかに小さく、重要な役割を果たします。その後、マットをブランケットで覆い、寝袋を敷きます。これは地面とあなたを遮ることで湿気の管理もしっかりと行います。

  • テント内で料理をしないこと

テント内で料理をしてしまうとテントが湿気でおおわれてしまいます。料理による蒸気が結露へつながります。適切な換気システムがなければ即座に曇ってしまいます。また、臭いがテントについてしまいます。自然を楽しむためにも外にキッチン用品をセッティングし、キャンプを楽しみましょう。

Condensation tent

  • ひどく濡れた服やギアをテント内に持ち込まない

服やギアを乾いたままテントに置いておくことで結露を防ぐことができます。夜に濡れたギアや服、靴をテント内に置いておくのはやめましょう。外やアウトインサイドに置いておき、乾かしましょう。タオルを耐水の袋に入れておき、濡れたときに使えるようにしましょう。また、テント内で湿気を増やすようなものは持ち込まないようにしましょう。

  • 除湿剤を使いましょう

テントの中では基本的に2種類の除湿剤が使えます。科学的なものと充電可能なものです。科学的なものは無害な塩化カルシウムタブで水分を吸収するようにできています。また、使い捨てのものをテントの中にかけておいて除湿するのもいいでしょう。充電可能な除湿剤は充電1回分でキャンプ中機能することができ、結露を避けるのに最も効率的な方法です。

  • 予防とメンテナンス

テントを乾燥して快適なものにするには予防とメンテナンスがとても大切です。テントに穴や漏れがないか確認しておきましょう。そうでないとタープも持ってこなければいけなくなってしまいます。天候が良ければ、窓を開け、風を通して濡れた服を乾かしましょう、窓を開けることで湿気も取り除くことができます。濡れた服や靴は外に出しておきましょう。また、水滴は吹いておきましょう。

3.結露でテントが濡れてしまったときにすべきこと?

表面の結露を取り除き、水滴を止める一番いい方法はタオルや布で壁を拭き、できるだけ多くの水分を取ることです。防水タープの中やテントの壁を拭けるようにきれいなタオルを用意しておきましょう。ポリコットンの布でテントの側面に圧力をかけすぎると水分がしみてしまう恐れがあるので避けましょう。

テントをできるだけ乾かし、換気しましょう。また、午後の早い時にテントをセットしておきましょう。そうすると、日によって乾燥します。また、時間によってガイラインを調整しましょう。濡れた服やギアは外に出しておくと夜に湿気を帯びることなく済みます。

 4. 結露するものか、耐水のものか見分けるには?

テントが漏れやすいから結露が発生してしまうと思う人もいますが雨が降っていない時でもテントの中で結露して水滴がたれたりすることはあります。結露は湿気を帯びた空気や暖かい空気が室内の壁や屋根などの冷たい表面に接することが原因です。防水テントでも結露を経験することもあります。結露は暖かい空気、湿気を帯びた空気がテントの冷たい空気に触れることで発生するのです。

ここまでお読みになったあなたならどうやって結露を防ぐかご理解頂けたでしょうか。どんな自然の状況でもアドベンチャーに溢れるキャンプをお楽しみ下さい。