Choosing a Dome Tent: Things You Should Know
キャンピングテント

ドームテントを選ぶ際に知っておくべきこと

キャンプやハイキングで一番楽しいのは心地いいテントの中にいることですよね。子供の時、よく部屋にテントを張ったりしませんでしたか?星空の下の森の中で小さなシェルターを作るアドベンチャーはいいですよね。持ち運びが簡単な小さいテントからちょっと贅沢な大きいテントまでは今では溢れています。人気なタイプのテントは、ドームテント、ウェッジドテント、マルチルームテント、ハイキングテント、ジオでシックテント、ポップアップテント、インフレータブルテント、トンネルテントなどがあります。

選ぶのは大変ですが、予算や目的利用人数などによってどのテントを選ぶべきか変わってきます。この記事ではドームテントについてご紹介します。ドームテントの魅力や旅行・ハイキングをする人が知っておくといい情報もお伝えします。では、まず初めにそもそもドームテントとは何かについてご紹介します。

 

バックパッカーのお墨付き、ドームテント

ドームテントはパックパッカーやキャンパー、ハイカーの中で有名です。軽く、設置しやすいことから人気で、名前の由来はその形から来ています。二つのメインポールが中央で交わり、角に向かって曲がっていきます。トップのレインフライが保護とテントの安定性を保ちます。

ドームの側面は垂直になっており、中は広々としております。高い天井は通気性も良くします。なので息苦しくなることもありません。柔軟性にも優れ、取り外し可能なグランドシートがよく付属しています。セットするのも簡単で、中でロックするポールがテントをしっかりと支える構造となっています。面倒なプロセスは一切必要ありません。とってもユーザーフレンドリーな商品です。弧を描くエッジは雨水を受け流します。また、正面入り口に取り付けられ、テントに入る前に土砂を落とすことのできるヴェスティブルや小さなポーチが付いたドームテントもあります。

dome tent

 

ドームテントの優れた点

ドームテントのいい点を多く紹介してきましたが、もっと深堀して人気の理由を探ってみたいと思います。

1. 強くて丈夫なデザイン

ドームの全体的な形とデザインがあれた天候にも耐えられるように強くします。アーチと真ん中で交差されたポールが安定させ、丈夫にします。雨水はテントを重たくしてしまいがちですが、ドームテントならポールが根こそがれる心配もありません

2. 簡単な取り付け

設置するのにたくさんの道具はいりません。簡単に組み立てたり愚図したりできます。パッキングも簡単です。テントの杭とポールを引っ張り、テントをまくだけです。慣れてしまえばパックするのも簡単にでき、他のキャンプ道具も楽々積めます。

3. 杭なしでスタンド可能

多くのドームテントはフリースタンディングなので杭なしでもどこにでも立てることができます。

4.広々とした長方形の床

丸い床のテントはいろいろと面倒で、スペースがあってもうまく使うことができません。しかしドームテントの長方形の床なら、寝るのにも楽ですし、他のことをするのにもうまくできます。寝返りを打つ心配もありません。

5.  ヘッドスペース

ドームテントなら首を曲げることなく頭をまっすぐにできます。高く、広々としているので比較的ヘッドスペースも多いです。

ayamaya dome tent

6. 大人数でテントをするときに他のテントと合体可能

大人数でテントをする場合はドームテントを他のテントとくっつけることができます。広々とした空間でキャンプをお楽しみください。

7. 付属品:ヴェスティブルとガレージ

広いヴェスティブルについてはもうご紹介しました。いくつかのドームテントはガレージが付属している場合があります。これらのテントはサイズが大きめのものとなります。バイクなどの二輪車を収納することも可能です。

8. 倉庫となれるコーナー

テントで一夜を過ごしたことのある方はどれだけコーナーが大事かお分かりいただけると思います。丸い床のテントはこの点において問題があります。テントのコーナーは小さいですが、道具やバッグを置くには安全で最高な場所です。

9. 風と天候

ドームのデザインは風といった通常の天候には耐えられます。セミサークルの形は雨水が床に詰まるのを防ぎ、かさばるのを防ぎます。ポールが丈夫さを高めます。

10.価格の安さ

通常のドームの価格は人気の秘訣の一つです。比較的低価格で買って損はしません。バックパッカーはチープに旅をしたがるので彼らにとってはぴったりの商品です。

 

dome tent

 

正しいドームテントを選ぶには

適切なテントを選ぶためにはたくさんの考えるべき項目があります。テントマニアはそれぞれのこだわりがあるかもしれませんが実用性にかなうものはありません。使用目的、キャンプの土地や気候、使用人数、価格、季節などなど、様々な項目があります。

1. アクティビティ

テントを購入する際、覚えておくといいシンプルなことがあります。その時のキャンプのためだけでなく、長期的に考えなければいけません。このテントにどんなアクティビティが含まれるか考えてみましょう。ハイキングをしますか?トレッキングですか?雨林での活動は含まれますか?これらの質問を考えてみるとはっきりと自分が買いたいドームテントの種類が見えてくるかもしれません。

2. 季節

ハイカーやクレイジーなバックパッカーは天候など選びません。ドームテントを選ぶ間天候のことも考慮しておきましょう。雨や雪は降りますか?備えあれば憂いなしです。素敵な色のテントを買うのもいいですが、雪に耐えられるか、床は崩れないかなども考慮すべきです。こういった側面も購入前に考慮しましょう。

3. 使用人数

ソロでのトラベラーは大丈夫ですが、大人数で行くとなると他の人の快適さも考えなければなりません。正しいテントを選んでテントの中で窮屈したり息苦しい思いをしないようにしましょう。

4. 場所

使用場所を考えておくのも大切です。使用場所によってどんなテントの素材やポールを使うべきか異なってきます。

5. 予算

サイズや種類がぴったりのドームテントを見つけた後は価格について考えましょう。楽しみなことにはついついオーバーな行動をとってしまいがちです。初めてのドームテントでつい興奮して奮発してしまう気持ちもわかりますが、一度冷静になって予算を考えてみましょう。

 

dome tent

 

まとめ

キラキラと輝く星空と大自然の下で一夜を過ごすのは忘れられない経験となるでしょう。しかし小さなミスが台無しにしてしまうこともあり得ます。安心して快適なキャンプ・ハイキングを過ごすためにも正しいテントを選びましょう。ポールを手で常に抑えながらテントで寝る羽目になるのは嫌ですよね。ここではドームテントについて知っておくべきことと、自分にぴったりのテントの買い方を紹介しました。もう待つ必要はありません。ぴったりのテントを買って、荷物を詰めてエンジンをかけ、ディランの曲でも聞きながら自然を楽しみましょう!良い旅を。